クラブ紹介 About Sagamiko c.c.
「親和の心」を大切にするメンバー重視のクラブです

「相模湖カントリークラブ」は、初代理事長の國分勘兵衛氏が掲げた「親和の心」を大切にしたメンバー重視のクラブです。1978年(昭和53年)10月に18ホールのゴルフ場として仮オープン、1982年(昭和57年)10月に27ホールで正式オープンし、平成24年10月には30周年を迎えました。

丹沢山系を望む相模湖畔の景勝地に位置し、総面積215万㎡と広大な敷地に27ホール、パー108(全長9,992ヤード)のコースが贅沢に造られた自然豊かな当クラブへは、中央道を利用すると首都圏から僅か1時間足らず。心なごむ樹木や豊かな池を配し、戦略的にも醍醐味がある藤・桜・百合の3つのコースがゆったりレイアウトされ、丘陵地にもかかわらずシニアやレディスの方々にもフラットで広々していると驚かれる方が多いコースです。

都心と比較すると夏は涼しく、冬の寒さや降雪量も大差なく、風や霧に悩まされることもほとんどない恵まれた環境にあります。平成12年6月より電磁誘導の5人乗り乗用カートを全面導入し、ご希望によりセルフまたはキャディ付きのゆったりしたプレーがお楽しみになれます。

  • お知らせ
  • 通常定休日の金曜日を利用して、リーズナブルな料金の「セルフデー」や独自のオープンコンペ等も開催中です。酒・食品業界69社が協賛しているホールインワン・アルバトロス賞には多くの賞品記念品の贈呈があり、たいへん好評を得ております。新会員歓迎ゴルフ会を年2回開催し、理事・分科委員参加のもとクラブライフ・競技会参加やハンディキャップ取得・クラブライフの楽しみ方等をご案内しております。
2017 Sagamiko Country Club all rights reserved. sinsagami.co.jp